小鮎は琵琶湖にだけ
生息する特別な鮎です

鮎は日本列島の河川に広く分布し、春になると海から川を遡上する魚です。寿命1年であるため「年魚」、その独特の香りから「香魚」とも呼ばれています。

小鮎を鮎の稚魚のことだと思っている人が多いかもしれませんが、川を遡上せず、一生を琵琶湖ですごす鮎は成魚でも10センチ以下と大きくなりません。この鮎を「小鮎(こあゆ)」と呼びます。

「小鮎」は、世界で唯一琵琶湖にだけ生息する特別な鮎なのです。

小糸漁(こいとりょう)

初夏、小鮎漁は最盛期をむかえます。琵琶湖には、追い叉手漁・小糸漁・沖すくい網漁・えり漁など十数種の独特の漁法があります。

なかでも小糸漁でとれた小鮎は、サイズが均一で身に傷が付かず、活きのいいまま水揚げできるのが特徴です。煮炊きした時には、ふっくら柔らかく仕上がると湖の畔には伝わっています。

直火仕込み製法

鮮度抜群、朝一番に琵琶湖の浜に上がった新鮮な小鮎を、時間を置かずに直径50cmほどの小さな釜で少しずつ、熟練した職人が直火で数時間つきっきりで煮上げています。そのため煮崩れせず、均一に味が馴染み、仕上がりもふっくら柔らか。 味付けも昔ながらに地醤油と地酒を使い、甘すぎず辛すぎず、まろやかな味わいに仕上げています。

  • ※但し、東北(6県)、北海道・沖縄は別途送料が必要となります。
  • ※新物小あゆ煮での対応は当面、簡易包装のこのセットのみとなります。
keyboard_arrow_up